ピカの資格取得日記

資格取得に向けて、日々の努力を日記風にお届けします

2022.11.30 視点を変える

物理的に高いところに昇って周りを見てみるのもよいのではないか。


「物理的に視点を変える」ことで、考えが停止してしまったり、想像がつかなかったりしたときにおすすめしたい。


しかし、どうしても固定観念にとらわれているので、劇的に変えることは難しい。


いろいろと視点を変えることで、見えていなかったことが見えてくることがある。


私はウォーキングが好きなので、時々ウォーキングをする。


ウォーキングをしていると何かと発見がある。


いつもと違った道をウォーキングすることで、あんな店があったのかとか、この工事現場には何ができるのかとかいろいろと発見はある。


視点を変えることで、新しい発見、想像が生まれてくるのではなかろうか。

2022.11.26 立ち位置を変えてみる

自分の経験や無意識の枠にとらわれていると、想像力は膨らまない。


自分の経験が悪いといっているのではない。


枠は、人生や経験値の中でつくりあげてきたもので、個性や人柄など、その枠の中にあってもいい。


ただ、必要なときは意識をしてそれを外すのも大切では。


ものことを考えるとき、あえて自分が持っている枠組みを取り払うことも必要だろう。


他者の枠組みから見るということから、自分なりの立ち位置を変えることに他ならないのでは。


相手の立場に立って、どう見るか想像したり、一歩離れた位置より見てみたりすること。


つまりは、他者の視点に立って、自分の枠を取り払い視点を変える。


そうすることで、想像力も広がってくるのではなかろうか。

2022.11.24 強い思い

こんにちは、ピカです。


自分が見たり、聞いたりしたことの先を想像するため、頭を使って考えないことには始まらない。


本を読んだり、経験を積んだり、いろんなことを行ったり、もの凄いインプットをした中からひらめきや直感が生まれるのでは。


まったくの無から有は生まれない。


ひらめきや直感には強い「思い」があり、求める意識があり、知と知が結びついて、ひらめきとなって現れるのではなかろうか。


なんの目的もなく、ひらめきは現れないと私は思っている。

2022.11.22 覚悟

こんにちは、ピカです。


決断をするには覚悟が必要である。


だが、どちらも選んでも、自分で決断したのだからプラスにはなる。


(プラスにならないときもあるかもしれないが・・・)


そうやって悩み、決断した結果、プラスになるとすると実感がわき、次第に決断する勇気がわいてくる。


だが、そうなるためには考え、悩むこと。


論理的に考え、期限を決めて考えたり、集中して考えるなどして、考え悩み、覚悟をもって決断する。


その決断は決して無駄にはならずに、生きてくるのではなかろうか。


2022.11.20 ピカ、FP2級を申し込む

こんにちは、ピカです。


本日、FP2級の試験を申し込みました。


試験日は2023年1月22日(日)になります。


3級は何とか合格はしましたが、2級は難しいです。


毎日、仕事から帰っては問題集を開き、少しづつではありますが、問題を解いています。


2級も3級のように合格したいのですが、2級は中々難しいです。


問題を解いていても「えっ」、とか「なにこれ」とかなど多く頭を抱える毎日です。


でも、継続は力なりの如く、少しづつ問題を解いていればなんとかなる精神で頑張っています。


2級合格に向けて歩んでいるピカでした。